有酸素運動を20分続けるといい理由について

有酸素運動を20分続けるといい理由について

ダイエットをする上で有酸素運動が必要になりますが、有酸素運動を始めるとすぐにでも脂肪が燃焼されていくと思う人も多いようです。確かに運動を始めると脂肪は燃焼されますが、脂肪の燃焼効率が高くなるのは初めてから20分が経過してからと言われています。なぜ20分必要になるのでしょうか。人間の体を動かす時のエネルギーは脂肪だけではありません。血液中や肝臓、筋肉には糖分がありそれが運動の時に消費されます。脂肪と違ってすぐにエネルギーに変わりやすい糖分がまず消費されていくということになります。そして糖分が消費されてからやっと脂肪がエネルギーに変わるようになっていきます。体に蓄えられた脂肪が燃焼しにくいという理由は、運動の時に消費されるようになるまでには時間がかかってしまうからという理由があるわけですね。有酸素運動を始めた人は、効率的に脂肪を燃焼出来るようになる20分までは続けるように頑張ってみてください。ダイエットの目的は体についてしまった余分な脂肪を落とすことです。脂肪をしっかりと落とせるようになる時間までは運動を続けて行く事、これがダイエットのために有酸素運動を行うときの重要なポイントになります。ただ一番重要なことはたとえ数分でも毎日運動を行なっていくということです。20分経たなくても脂肪は燃焼していますから、ダイエットのために有酸素運動を行なっている人は途中で挫折したりサボったりせずに続けて行くことを心掛けてみてください。豆乳は美容にいいとよく言われています。女性の場合は特に豆乳を飲む事で美容に良い生活を送ろうとしている人も多いのではないでしょうか。豆乳が美容に良い理由はイソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするからです。女性ホルモンは女性の美容には欠かすことの出来ない要素で、女性ホルモンの少ない人は胸が小さくなるとか、髪の毛や肌のツヤも悪くなると言われます。生理によって女性ホルモンのバランスの崩れやすい女性にとっては女性ホルモンの働きに似たイソフラボンはとてもありがたい成分なのです。しかし豆乳を飲むことで美容でのマイナスもあります。それは体を冷やしてしまうこと。冷え性の人にとっては体を冷やしてしまう食べ物や飲み物は避けたいところです。体が冷えると代謝が悪くなって脂肪が燃焼しにくい体になってしまいますし、下半身太りの原因になります。また女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを摂り過ぎてしまうと女性ホルモンのバランスも崩れてしまう可能性があります。美容に良いからといってイソフラボンの摂り過ぎで体調を悪くしてしまう人も中にはいるようなので飲むときには要注意です。1日に200ミリリットルが目安になるので、寝る前に飲むようにしていくと美容に良い効果を得られるようになります。美容のために豆乳を飲むという事はいい効果もありますが、その分飲む量を守っていく事が健康を維持していくためにはとても重要なことだと言うことを忘れないで下さい。城南 美容院