野菜ばかりの生活は体に良くない

野菜ばかりの生活は体に良くない

菜食主義なんて言葉があります。野菜中心の食生活を送っている人のことを言いますが、なんとなく健康や美容にいい食生活のように聞こえます。実際に野菜を中心にした食生活を送っている人は痩せ型の人が多く、ダイエットをしている人にとっては理想的な体型を維持しているかもしれません。でも本当に健康と美容にいい食生活なのかというとそうとも言い切れません。体には様々な栄養が必要で、それがバランスよく保たれている状態が一番健康的で美容にいい食生活になります。菜食主義で野菜ばかりを食べていると、脂質やタンパク質が足りなくなりがちで、肌の大事な栄養が不足してしまうことになります。特に20代を過ぎた肌は栄養が不足してしまうとすぐに乾燥に悩まされるようになります。乾燥肌を防ぐためには肌にうるおいが必要になりますし、そのうるおいを保つための保湿因子が必要になります。これはタンパク質によって作られているため、普段から良質なタンパク質を摂取していないと肌のトラブルに悩まされてしまいます。良質なタンパク質は野菜よりも肉に多く含まれているので、体のいい生活を送るためには野菜だけの食生活ではいけないということになります。ダイエットや美容のために野菜を中心とした生活を送って行こうト考えている人は野菜ばかりを食べていればいいというわけではないことを忘れないようにしてください。バランスのとれた食生活を心掛けて体の調子が狂ってしまわないように管理していきましょう。小岩 美容院