低気圧になると副交感神経が働く

低気圧になると副交感神経が働く

女性の体はとてもデリケートに作られています。少しの気圧の変動ですぐに体調が悪くなったり、美容に影響が出たりします。梅雨の時期は特に気圧の変化に悩まされやすい季節で、何かしら悩みを抱えたことのある女性も多いと思います。気圧の変動と美容の関係について少しだけ理解を深めてみましょう。梅雨になると低気圧に悩まされることになります。低気圧になると体の中ではどんな変化が起きるのでしょうか。一番の影響としては空気中の酸素濃度が下がることによる影響でしょう。酸素の濃度が下がればそれだけ体は活動できなくなります。副交感神経が働き体を休ませようとします。でも日々の生活の中で簡単に休み等取れるはずもありません。体は休ませようとしているのに、社会では働かないといけないという矛盾が起きてしまい、ストレスがたまるようになります。ストレスが溜まればそれだけ血行も悪くなりますし、代謝も悪くなる。そうなっていくと美容にも悪影響が出てくるということになります。体に疲れが溜まりやすくなっていきどんどんと肌も荒れていくようになるということです。自律神経に影響を与えるということを考えると対策としては入浴で交感神経を刺激してあげるなんて方法があります。熱いお風呂に10分程入っていると交感神経が活発になりやる気もでてきます。夜は副交感神経を刺激して体を休めるようにしていくと快適な睡眠を取ることができるようになり自律神経の働きも正常に戻っていくはずです。ヘアサロン 小岩駅 美容院 縮毛矯正 予約 おすすめ 口コミ