シャンプー解析って

シャンプー解析って

シャンプー解析サイトってご存知でしょうか?シャンプー解析と検索するとたくさんのサイトがヒットします。その名の通りシャンプー解析は、シャンプーの成分を解析して、シャンプーの良し悪しを鑑定したり、ランク付けしたりしているサイトの事です。だれが解析しているのか、というとそれもまたさまざまです。プロの知識を持っている人から、ただ自分の経験から解析をしている人もいます。ですがそういったサイトを見ている人が多いのもまた確かな様です。確かに本当に髪の毛に良いシャンプーとか、コストパフォーマンスがよいシャンプーはどれか、という事が解るのであれば、誰もが知りたい、と思うのではないでしょうか。そういう情報がネットで簡単に手に入る事はありがたいことかもしれません。ですがこれだけたくさんあるシャンプーのランク付け、というのは本当に信憑性があるのか?と疑問に思っている人たちもいるようですね。それもまたプロの美容師の皆さんの意見だったり、どちらかというとメーカーサイドの人たちの意見だったりします。何が本当で、何を信じればよいのか、という事は非常に難しい事ですが、どういう目でその情報を見ればよいのか?という目を養っていく事が、シャンプーを使う私達には必要なのかもしれません。アシスタントさんの中には「カットモデルは練習台になるために来てもらった人」という意識で接する人がいると言います。実はその意識はアシスタントの成長を妨げる意識だ、と思われます。なぜなら、なぜカットモデルを使った練習を最終段階でするのか、というと実際にお客さんに接する時の練習をするためなんですね。ですから「この人はカットモデル」という意識で取り組むのは良くないんですね。「この人は本当のお客さん」と思って自分がデビューして料金を頂いてカットをする時と同じ様な意識をしなくてはいけないんですね。きっとその方が早くアシスタントを成長させることができます。ただ100人のカットをこなせばよいのと、一人一人本当に失敗したら取り返しのつかない大切なお客さまなんだ、と思って取り組むのとではまったく違います。ですから「無料でカットをするための人なんだから少々待たせても良い」とか「時間がかかってもいいや」という意識でカットモデルに接するアシスタンとは、何人こなしても一人前の意識にはなれないのではないでしょうか。たとえカットモデルから料金を貰っていないとしても、その人を満足させることはそのアシスタントや美容室に大きな財産になりますし、逆に「どうせモデルだから」という意識で接していると、その美容室の評価すら失いかねません。目白 美容院