シャンプーは髪を傷める

シャンプーは髪を傷める

みなさんは選択をする時に経験があると思うのですが、例えば何度も洗濯をしているタオル、というのはだんだんとガサガサしてきますよね。そしてその手触りの悪さを改善するために柔軟剤を使って洗濯をしませんか?これはかなりの人が行っている洗濯のほうのだと思います。実は同じことがシャンプーでも言える様なんですね。つまり何度もシャンプーをしていると、どうしても髪の毛って傷んでくるんですね。それはどんなに市販のシャンプーの中で「髪に優しい」と言われているシャンプーを使っても、そうなってくる事は仕方のない事なんですね。もちろん美容室では出来るだけ髪に優しいシャンプーを使って髪の質を保持しようとしますが、毎日の自宅でのシャンプーが洗浄成分の働きで必要な皮質まで落としてしまっては、汚れを落とすと同時に髪を傷つけてしまっている事は仕方のない事です。そしてその傷ついた髪の毛をして美容室に行けば当然美容師はそのことを見破るので「傷んでいます。トリートメンをしましょう」というわけです。つまり美容室でトリートメントをする、というのは「自宅のシャンプーで傷つけてしまった髪の毛を美容室で料金を支払って表面をキレイにしてもらう」という理屈になる訳です。それは本来の髪の毛の修復とは言えないケースが多い訳ですね。カラーリングをすると髪の毛が傷む、というのは良く聞く話ですし、確かにその様です。本来の髪の毛に無理やり色を落としたり入れたりするのは、髪の毛にとっては負担以外の何物でもないでしょう。ですからカラーリングをする、という事は確実に髪の毛を傷める行為である、という事は知っておかなくてはいけません。ただ髪の毛に出来る事と言えば、極力髪を傷めない方法でカラーリングをする、という事なんですね。そしてその事をちゃんと考えてくれている美容室と、そうではない美容室があります。その差はどこに現れるか、というと簡単に見分ける方法としてはカラーリングの料金です。カラーリングの料金って結構差があると思いませんか? 実はカラーリングについては、高額なのは工学なりの理由がある場合が多いのです。そして当然それは「極力髪の毛を傷めない努力をしている」からそれだけ料金も高くなってしまうんです。そもそもカラーリングをするのはお金がかかる事ですから、できるだけ低料金で済ませたい、と思うかもしれませんが、できればカラーリングに関しては出し惜しみをしない事をお勧めしますし、できることならばどのような手順でカラーリングをするのか、という事を確認しておく方が良いと思われます。宇都宮 美容室