普段の生活でキューティクルが傷む原因

普段の生活でキューティクルが傷む原因

髪の毛の状態をよくしておくためにはキューティクルを守らないといけません。髪の毛はキューティクルによってダメージから守られていてキューティクルが正常な状態なら決して傷むこともありません。キューティクルが傷む原因について理解して、常に髪の毛の状態を気にしておくようにしてください。キューティクルは日常生活の中でも傷んでしまう可能性を秘めています。たとえ場日光に当たり過ぎると傷みます。日光には紫外線と赤外線が含まれています。赤外線は熱線と呼ばれていて、その熱によって髪の毛の内部のタンパク質が傷んでしまいます。紫外線はタンパク質を変性させます。結合を破壊し元に戻すことが出来ない状態にしてしまいます。そうなると縮れやくせ毛に悩まされるようになりトリートメント等では補修もできなくなります。日光を浴び過ぎないように注意して生活を送ってみてください。日常生活の中で髪の毛を乾かすのによく使うであろうドライヤーも使い方を間違えるとキューティクルの傷みに繋がります。お風呂に入った状態はキューティクルが開いた状態なので、髪の毛の内部がむき出し状態になり、ドライヤーの熱の影響を受けやすくなります。髪の毛の内部が傷むとキューティクルも傷んでしまい、髪の毛を守る働きも悪くなります。ドライヤーを使うときには短時間で一箇所を温め過ぎないことに注意して使っていくといいでしょう。日常生活の中にもキューティクルを傷めてしまう原因は潜んでいますので、その原因を取り除いていく努力をしてみてください。溝の口にある美容院