年齢によって違う乾燥肌とニキビ肌の悩みについて

年齢によって違う乾燥肌とニキビ肌の悩みについて

肌の悩みは年齢によって変わってきます。一番多い悩みはやっぱり乾燥で、30代に入ればほとんどの人が乾燥肌の悩みを抱えるようになります。それに対して20代の人が悩みやすいのがニキビです。ニキビは皮脂の量が多くなると作られやすくなりますので、ホルモンのバランスが崩れやすく、皮脂が多くなる若い人はニキビの問題と向き合っていく必要があります。乾燥肌の悩みは保湿機能の低下やバリア機能の低下が主な原因になりますので、まずは保湿機能とバリア機能の回復を考えてみる必要があります。保湿機能を果たしているのはセラミド等の水分をとどめておく働きのある成分です。セラミドは年齢と共に低下していくうえ、毎日のスキンケアで洗い流されている分も多くなりますので、洗顔やクレンジングのやり過ぎにはくれぐれも注意してみてください。ニキビの悩みは皮脂の多さや毛穴の詰まりが原因です。毛穴の小さい思春期の人は皮脂が毛穴の中に溜まってしまいニキビができやすくなります。大人の毛穴は若い人に比べて大きいので詰まりにくいのですが、メイク汚れや一日のゴミ汚れによって毛穴詰まりが出来てしまいます。その中で皮脂が分泌されて詰まり、細菌が繁殖してニキビを作ってしまうことになります。毛穴の汚れを丁寧に洗い流していくために洗顔方法を工夫してみてください。決して洗浄力の高い洗顔を行うのではなく短い時間に効率的に洗うという事を心掛けてみるとニキビの問題も解決していきますよ。