むくみを招く主な原因について

むくみを招く主な原因について

むくみは血管の中の水分濃度が上がり、血管からにじみ出た水分が細胞に溜まっていってしまうことで引き起こされます。細胞に溜め込めなくなった水分は細胞と細胞の隙間にも貯まるようになり、それが脚をパンパンに膨らませたり、まぶたをどんよりとさせたりすることに繋がります。こうなってしまう理由にはいくつか原因があります。たとえば塩分の過剰摂取。塩分に含まれているナトリウムは水分を蓄える性質があるので、塩分をとりすぎてしまうと水はけが悪くなり、体の中に水分が溜まりやすくなります。また塩分と摂り過ぎてしまうと喉が乾き更に水分の過剰摂取につながっていき、むくみが加速していくことになります。塩分の摂取はむくみ対策の上で最も重要なことです。塩分だけではありません。運動不足もむくみを招きます。運動しない体では血行が悪くなり体の中の水分が外に出てくれません。運動による汗も水分と塩分の調節に役立っていますので、運動をしているとむくみにくくなります。女性の場合は特に注意が必要なのですが、冷えはむくみを招きます。体の代謝が悪くなり、体全体の水分代謝も悪くなります。水分が体にとどまるようになり、むくみとして現れてきてしまいます。幾つかむくみを招く原因について理解をすると、むくみの対策も行いやすくなります。自分の体がどうして毎日むくみに悩まされているのか、原因を探って解決方法を見つけてみると日々のむくみの悩みも改善できるはずです。与野本町 美容室 カット パーマ ヘッドスパ メンズ 安い おすすめ ランキング