くせ毛ができてしまう原因

くせ毛ができてしまう原因

人は大なり小なりくせ毛の悩みを抱えています。比較的直毛の人も多いと言われれる日本人ですが、くせ毛の悩みを抱えている人も多く、その原因についても幾つかパターンがあります。まずは髪の毛の結合の問題です。髪の毛はいくつかの結合で成り立っていますが、その中のタンパク質の結合であるS=S結合に問題があるとくせ毛になります。パーマをかけるときにもこの結合を利用して癖をつけるので、縮毛矯正によってストレートの髪の戻しやすいくせ毛になります。髪の毛の構造は外側のキューティクルが内部のケラチンタンパク繊維を保護する形で作られています。タンパク繊維には硬い繊維と柔らかい繊維があり2つの繊維の割合によって髪質が違ってきます。どちらかに偏った状態になっているとくせ毛となり、半々の割合でバランスがとれていると直毛になります。湿度の影響を受けやすくなり、朝起きた時に苦労するタイプのくせ毛です。毛穴自体がネジ曲がっていることでくせ毛になる人もいます。生え際の毛穴がまっすぐな状態ならいいのですが、ゆがんでいる毛穴もあり、そのせいでくせ毛になってしまいます。遺伝の要素が強く先天的なくせ毛と言われていますが、生活習慣の乱れによってできる後天的なくせ毛もありますので、ストレスなどを溜めない生活を心がけていきましょう。くせ毛は基本的に3つの要因が働いて作られています。大体のくせ毛は縮毛矯正でストレートにできますが、くせ毛を活かしたヘアスタイルも沢山あるので、自分の魅力として考えてみるといいでしょう。府中の美容院