子育て世代の美容師

子育て世代の美容師

かなりの割合で女性美容師が支持される一つの理由は、女性美容師は年齢層が幅広いからではないでしょうか。おそらくみなさんは中年の男性美容師、というのはあまりであったことが無いのではないでしょうか。多くの美容室では若い世代の美容師か、もしくは中年の女性美容師だと思われます。それは多くの男性美容師は、一定年齢になると辞めるかまたは独立を目指すか、という選択をするからなのだと思います。おそらく美容師と言う職業は他の職業とくらべると、収入が少ないと言われていますから、自分の将来を考えた時に特に結婚を考えるならば、男性美容師はいつまでもこの収入で良いのか、という壁にぶつかるのだと思われます。見切りをつけて転職する人もいれば、もしも自分の腕に自信がある人ならば、自分の店を持つことを考えるのでしょう。ですから中年の男性美容師は少ないですが、その年代のオーナーや店長と言うのは男性が多いと思いますね。もはや美容師と言うよりは経営者になっている男性が多いのです。女性美容師の多くは、一度子育てなどで現場を離れても、その後復帰する人も多いのです。そして例えその時には正社員ではなくてパート扱いであったとしても、共働きならばそれでもやっていける立場にある女性が多いのです。そのため女性美容師は幅広い年齢層から支持されやすい、といえるのではないでしょうか。若い女性美容師は若い人に、中年の人たちには中年の女性美容師が好まれるのだと思われます。美容室がどんどんとお客さんの希望に応える事が出来るようになったのは、もちろん技術の向上やヘアケア製品の開発などのおかげである、と言えると思いますが、それは常にお客さんのニーズにこたえるために行われてきた、と言っても良いでしょう。たとえばかつてはクセ毛の人は、たとえそのくせ毛が悩みであっても、どうする事も出来なかったのが現状だったと思います。ですが今では縮毛矯正、という技術が発達して、たとえクセ毛であっても自由なスタイルを楽しむ事が出来るようになりましたよね。ですがその縮毛矯正も、最初から良い技術を提供していたわけではありません。おそらく最初はストレートパーマで対応していたと思われますが、その効果は長期にわたってストレートを維持できるものではなく、何回かシャンプーをしているうちに元に戻ってしまうようなものも少なくなかったと思われます。またそのような技術は常に髪の傷みとの戦いだった、と言っても良いでしょう。おそらく最初のうちは一時的にでも自分の髪の毛がまっすぐになる事でお客さんも満足していたと思いますが、そのうちまっすぐにはなったけれども髪の傷みが気になる、もうすこし効果が持続してほしい、とお客さんのニーズはどんどんと高まったのではないでしょうか。そしてそのニーズが今の質の良い縮毛矯正の技術を実現したと言っても良いでしょう。柏でネイル