これからどう働くか

これからどう働くか

一度は籍を置いた美容室を辞めて、他の美容室の求人に応募してくる、という人に対して、美容室がどの様な感情を抱くか、というと、経験者を求めているにもかかわらず一番不安に思うのは「例え採用してもうちの店も気に入らなければ辞めてしまうのではないか」という不安です。美容室にとって必要なのは長く働いてくれる人でしょう。教えたことが身に着く前に辞めてしまうような美容師では、採用する意味がありません。少なくても一通り学んだらすぐに戦力になってくれる美容師を求めているはずです。ですから「うちも辞めてしまうのでは」と言う採用者側の不安を拭い去るような言葉を履歴書に書いておく必要があります。これからどのように美容師として働いていくのか、という姿勢です。ずっとこの美容室でやっていきたいのだ、という思いを伝えなくてだめなんですね。それも出来れば具体的なビジョンが欲しいものです。「地域のお客さんに顔を覚えてもらえるように努力をしたい」とか「お客さんと共に年齢を重ねていきたい」などの前向きな言葉です。たとえいつかは自分の店を持ちたい、という気持ちがあったとしても、その話は履歴書に書く話ではないでしょう。もっともチェーン展開している様な美容室であれば、一美容師では終わらないぞ、という気迫を見せるのも良いと思われます。美容室に行って一番残念な結果になる、というのはせっかく料金を支払ってやってもらったのに、満足できない仕上がりになる事ですよね。逆に思い通りになった時には普通に満足します。ですがお客さんの思い通りにする事は美容師にとっては当たり前のことであり、最低限そのレベルでなくてはいけないものでしょう。そうなると他の美容師よりももっとお客さんを満足させることのできる美容師になろうと思うならば、お客さんが思っていた以上の仕上がりにしてあげる事だと思われます。自分が想像していたより素敵に仕上がった、期待以上の仕上がりだ、という結果は本当にうれしいものでしょう。そして次回もこの美容師さんにお願いしよう、と思う気持ちも一気に高まる物ではないでしょうか。ひとは誰でも「お得な感じ」というのが好きですよね。同じ料金を払っても、その時の満足度によってその料金の意味は変わってきます。こんなにしてもらってこの料金なら安いわ、と感じさせることこそが、人よりも一歩上を行く美容師のなせる業ではないでしょうか。たとえばその日の会話からその人がこれから外出するのだ、という事が解った時ならばその時の服装に合うようなアレンジを少し加えてあげるだけでもお客さんとしたらその気遣いが嬉しいものでしょう。大森駅 美容院 デジタルパーマ 縮毛矯正 安い 口コミ おすすめ