近赤外線対策の基本とは

近赤外線対策の基本とは

紫外線以上に気をつけないといけない物として近赤外線が注目され始めています。肌の奥にまで入り込み、筋組織を破壊し、肌のたるみを引き起こしたりします。そんな近赤外線は太陽光線の他にも、パソコンやコタツ、テレビからも発していて、完全に切り離した生活を送るということは出来ない状況になっています。ではどうやって近赤外線の影響から体を守ればいいのかと言うことになりますよね。近赤外線用の日焼け止めが少ないけど販売されています。その日焼け止めを使うということが対策の一つです。そして一番重要なことが、体にも近赤外線の影響から守るための機能があるということです。体毛と皮脂が体を守ってくれますので、体毛を増やす、皮脂の分泌を正常にするということが近赤外線対策になります。体毛を増やすなんてことはあまり出来ませんが、普段の体は服を着ているからいいとして、露出している頭は髪の毛で守ってあげることが大事になります。髪の毛を健康的な状態にしておくといいでしょう。皮脂の分泌は年齢が上がると少なくなっていきます。皮脂分泌を少しでも増やすには、体温を上げていくこと、ホルモンバランスを整えること、脂質をしっかりと摂取することが大事になります。40代を過ぎた女性になると皮脂の低下が著しくなるので、特に皮脂分泌を促すような生活を心がけていくと近赤外線から肌を守ることが出来ます。紫外線だけでなく近赤外線の影響も考慮して生活を送って行きましょう。稲毛の美容院