黄色の反対色は紫

黄色の反対色は紫

なぜ白髪を染めるのに紫色を選ぶのでしょうか?それは実は色彩学に関係している様なんですね。どういう事かと言うと、実は人間の髪の毛が白髪になった場合、「白」といっても「真っ白」ではなくて「黄色がかった白」なのだそうです。これは日本人の様な黒髪が白髪になった時には、黄色がかった白になるのだそうです。白髪が黄色っぽい、というのは、実はそんなにキレイに見えないんですね。黄ばんでいる、パサついている、ちょっと汚れた感じ、という印象になってしまうのです、そのままにしておくのは、あまりオシャレではない場合が多い様なんですね。そこで白髪をキレイに見せるためのカラーリングを考える訳ですが、そこで色彩学に照らし合わせて考えてみると、「反対色」というのが、元々の色をキレイに見せる効果があるのだそうです。そして黄色の反対色、というのが紫なのだそうです。つまり黄色がかった白髪を紫に染めると、元の黄色がとてもきれいに見える様になり、髪全体が艶やかに見えるのだそうです。これが白髪を染めるのにわざわざ紫色、という奇抜な色を選んでいる大きな理由の様です。ちなみに、もし紫に抵抗があるなら、ピンク、というのも白髪をキレイにつやのある髪の毛に見せる効果があるそうですよ。天神 美容院