下半身のむくみは睡眠中に解消していこう

下半身のむくみは睡眠中に解消していこう

体がむくむと太く見えてしまい、体重が増えたわけでも無いのに太って見えてしまう事があります。足が特にむくみやすい場所で、下半身太りの原因になる事もあります。自分のスタイルが悪い、足をもっと細く長く見せたいと考えている人にとっては足のむくみは常に解消しておかなければいけない事になります。足のむくみを解消するために睡眠を有効に利用してみましょう。足がむくんでしまう理由は余分な水分が下半身にたまってしまっているからです。下半身に水分がたまってしまうのは血行が悪くなりやすいからです。血行が良くなると下半身の水分も血液の流れに合わせて代謝されていくようになるのでむくみも解消されていきます。下半身の血行が悪くなるのは重力の関係上仕方のない部分もあり、人間は基本的に下半身のむくみに悩まされやすい生き物なのです。女性の場合は筋肉が不足しているということも原因になりますが、むくみの一番いい解消法は寝ている時に少し足を上げて寝るという方法です。少しだけ心臓よりも高い位置に足を持っていくことで下半身にたまった余分な水分を心臓のほうに戻すことができます。あまり足を上げすぎてしまうと睡眠自体に問題が出てきてしまうので違和感がない程度に足を枕やタオルで上げてあげるとむくみが解消しやすくなります。毎日のむくみを毎日しっかりと解消していくと慢性的なむくみ体質も改善されていくようになり、理想的な下半身のスタイルを実現できるようになります。寝る前に食べない方がいい物があるということを知っているでしょうか。眠りを妨げてしまい深い眠りに付くことができなくなると成長ホルモンの分泌も低下してしまいますし、肌細胞も若返ってくれません。寝る前に食べないようにしたい物について理解を深めてみましょう。まずはチョコレートです。チョコレートは糖分を含んでいる上にカフェインの入っている物もありますので、脂肪がつきやすくなり眠りを妨げてしまう働きもあります。夜食にチョコは最も美容に良くない組み合わせといえます。次にアルコールです。寝酒なんて言葉もあるように適度なお酒は快適な睡眠にいいのではと思いますが、アルコールの入眠効果は一時的な物で深い眠りに入れたとしてもアルコールの効果がなくなると浅い眠りばかりになります。睡眠時間は6時間以上が理想的ですがアルコールを飲んでしまうと3時間程度で目を覚ましてしまう可能性が高いのです。そして辛い食べ物も寝る前には食べない方が良い食品です。辛いものは胸焼けにつながってしまい、快適な睡眠を取る事ができなくなります。また寝た時に体温が上がってしまうことからこれも快適な睡眠を妨げる事につながってしまうのです。寝る前の辛い食べ物はやめましょう。辛い食べ物を食べる時には夕食がおすすめです。辛いものを食べて体温が上がると、その後にだんだん体温が下がっていき快適な睡眠を得られやすくなります、寝る直前はダメでも夕食なら大丈夫という事をおぼえておいてください。府中の美容院