女性の血行が悪くなりやすい理由

女性の血行が悪くなりやすい理由

女性の場合は血行不良に悩まされている人も多いようです。血行不良の状態が続くとクマが出来てしまったり顔色が悪くなったりと美容にも悪いですが、見た目から不健康な感じが漂ってきてしまいます。血液は体全体に酸素や栄養を運ぶ重要な役割を持っていますので血行不良が続くと美容に良くないというのは当たり前の事なのです。女性はどうして血行不良になりやすいのでしょうか。男性で血行不良の悩みを抱えるという事は余り聞きません。美容に対してそれ程意識しなくても良い男性だから血行不良も問題視されにくいのかなと思われますが、体の構造的に考えてどうしても女性のほうが血行不良になってしまう理由があるのです。一つ目は筋肉量が少ないということです。男性に比べて筋肉の少ない女性は血液の運ぶ能力が低いのです。よく下半身の冷え性に悩まされる人がいますが、それはふくらはぎの筋肉が本来の働きをしていないからです。ポンプの役割を果たして心臓に戻すというのが筋肉の働きになりますが、筋肉の少ない女性では心臓に血液を戻す力が弱いのです。二つ目はホルモンの影響です。美容に良いと言われているエストロゲンは血管を広げる働きがあります。大きな川は流れが緩やかなように血管が広がると血液の流れも緩やかになってしまうのです。そして最後に一番の原因として月経があります。月経では大量の血液が外に出ていきますので、血行不良を起こしやすくなるのです。血行不良を改善するためにまずは筋肉をつけていくようにして下さい。新宿 美容院