ヒートショックプロテインを増やすなら

ヒートショックプロテインを増やすなら

肌を若返らせる力を持っていると言われているヒートショックプロテインですが、どうやれば効率的に増やすことができるのでしょうか。ヒートショックプロテインはストレスを受けた時や、タンパク質が傷ついた時に作られます。ストレスとは緊張や疲れ、紫外線、加圧といった外部からの刺激のことを言います。ストレスを受けた時にヒートショックプロテインが増やせるということですが、ストレスはそれ自体が肌には良くないのではないかと思うかもしれません。ストレスは過度に心身に負担をかけている状況が悪いのであって、ちょっとしたストレスなら普段から感じながら生きていますし、適度なストレスは健康のためにも必要になります。ヒートショックプロテインを増やすために体に加えるストレスとしては熱いお湯が一番効果が高いようです。お風呂の温度を42度以上にして入浴すると特に効果的にヒートショックプロテインを増やすことが出来ます。42度のお風呂なら日本人にとっては馴染み深い温度ではないでしょうか。もともと高めのお湯が好きな人も多いから、ヒートショックプロテインも体の中で増やしやすいはずです。お風呂には42度のお湯で10分位を目安に入るとヒートショックプロテインを効率的に増やすことに繋がります。入浴方法をこれからは見直して肌を若返らせるような入浴方法を試していくといいでしょう。毎日続けていけば確実に若返りの効果を実感できるようになっていくはずですよ。東花園でネイル