肌から水分が失われていくのは皮脂量の低下が原因

肌から水分が失われていくのは皮脂量の低下が原因

肌の乾燥はよく肌の水分不足が原因と言われます。乾燥と言うくらいですから当たり前といえば当たり前ですが、その乾燥肌を招いている原因はただ水分が肌からなくなっているからというわけではありません。乾燥肌は年齢と共に進行していき、高齢になったらほぼすべての人は乾燥肌状態になります。これは肌から水分がなくなっていく以上に皮脂が少なくなっていることの原因が大きいのです。本来肌に含まれている水分は外気に触れて蒸発していかないようにするために皮脂膜によって守られています。皮脂膜のお陰で肌の水分は一定の状態を保つことができているので、皮脂膜がなくなれば当然水分は蒸発していくことになります。年齢と共に減少していくスピードは水分量<皮脂量です。30代を迎える頃までは皮脂分泌の量が多く水分量のほうが少ないのですが、30代から減少を始める皮脂の分泌量は40代あたりを境に水分量以上に少ない状態になります。それから更に年齢を重ねていくと皮脂も水分も少なくなっていき、ひどい乾燥状態になっていくというわけです。40代あたりになり急に乾燥肌の悩みを感じることが増えてきたなら皮脂の量が減ってきたからです。汗腺の働きを活性化してあげたり睡眠をしっかりととるようにしたり生活の改善が特に重要になってきます。またスキンケアで保湿を丁寧に行ってあげることも大事です。どうしても不足するようになるので、自分の肌に合った化粧品を使って皮脂不足を補ってあげてください。奈良 美容院