ゲーム感覚で注文

ゲーム感覚で注文

携帯やスマホを持つことが当たり前のなった今の時代では、人々は「画面をタッチする」と言う事に対してまったく抵抗がなくなっています。まるでゲームでもするかのように簡単にタッチパネルの操作ができる人がほとんどです。よくみなさんはスマホでゲームをしたりすると思うのですが、まるでゲームをするかのように居酒屋でタッチパネルで注文が出来るようになったことは、これまで以上に居酒屋で過ごす事が楽しくなったはずです。画面をタッチする、というのは店員に声をかけてオーダーするのとは違い、なんとなく楽しさがあります。これにしようか、あれにしようか、と悩むときでも簡単に取り消しや追加が出来る事で、より気楽に注文を入れる事ができます。この「気楽さ」というのはおそらくお客さんの注文数にも影響していると思います。ただ一品追加するだけのために店員を呼ばなくてはいけない、というのは面倒ですが、ただ画面にタッチすればよいのであれば、凄く気楽に追加注文をする事ができます。もしも全テーブルでそういう事が起きたら、その日の売り上げはかなりアップすることになります。特に注文は決まっていないけれども、なんとなく画面をタッチしたら美味しそうなメニューを見つけてついオーダーしてしまう、というような事もあり得ると思います。パフェに良く似ていているサンデーと呼ばれるものは、どこかで聞いたことのある名前ですよね。英語で日曜日を示すサンデーですよね。ですからそもそもサンデーはアメリカが発祥だったと考えられているようです。実際にアメリカの公園近くで、日曜限定で販売されていたもので、これがとても人気となって販売されている曜日のサンデーと呼ばれるようになった、という説も有ります。ですから、サンデーはパフェと違って屋台などでも販売されていますし、どちらかというと手で持って食べ歩きが出来る形になっているのではないでしょうか。また一説によると日曜日のサンデーのつづりは「Sunday」ですか、それではキリスト教の安息日である曜日をそのままアイスクリームの名前にしてしまうので不謹慎だ、だという声があり、「sundae」と綴るようにした、という説も有ります。公園を通りがかった人が気軽に楽しむ事が出来るのがサンデーだった、というわけで、今の日本のように女子が喜ぶデザート、という感じではなくて、男性が一人で買い求めて公園で歩きながら食べていても、まったく違和感が無いようですね。フランスで生まれたパフェよりも、かなり庶民的なおやつと言った感じなのがサンデーなのかもしれません。確かに日本でも屋台でパフェという名前で売られているのは見かけませんよね。