汗の臭いは2つの種類がある

汗の臭いは2つの種類がある

人の体には特有の匂いがあります。一言で体臭と言ってみても人によって匂いには違いがありますし、それが周りに不快感を与えることもあるし、魅力としてアピールできる場合もあります。体臭が気になるという人は対策方法を考えて、周りに不快な思いを与えてしまわないようにしましょう。体臭は汗のによって生まれていますが、汗の直接的な臭いというわけではありません。汗にはエクリン腺から分泌されるものとアポクリン腺から分泌されるもの、2つの種類がありますが、どちらも汗自体は無臭になります。エクリン腺から分泌される汗のほとんどが水分になり緊張による汗、気温による汗、辛いものを食べた時の汗などがエクリン腺から分泌されます。エクリン腺の汗は体臭の原因の一つで、皮膚の雑菌などと反応して臭いを放ちます。分泌された汗をすぐに拭き取れば体臭につながることはありません。エクリン腺からの汗はワキガにはなりません。強い体臭というとワキガを疑ってしまいますが、ワキガはエクリン腺から発するものではなく、アポクリン腺の汗が反応して強い臭いになります。ワキガは遺伝的な要素を持ちアポクリン腺の数が個人によって違うので臭わない人は全く問題ありません。ワキ毛の濃い人などはワキガになりやすいと言われています。体臭は自分で気がつくことができないという問題がありますが、ワキガがきになる人はワキ毛の量に注目してみましょう。どちらの汗も汗自体の臭いではありませんのでこまめに拭いていくと臭いを防ぐことができます。立川にある美容室