雨の日キャンペーン

雨の日キャンペーン

雨の日に美容室に行くと、お客さんが少なくて待ち時間が短いというメリットの他に、美容室によっては「雨の日だから」という理由で色々サービスしてくれる所も有ります。雨の日にはお客さんが少ないのはわかっているので、少しでもお客さんに来てもらうために色々と美容室側も工夫をしているんですね。「雨の日クーポン」とか「雨の日キャンペーン」などを展開して、お客さんに雨の日でも美容室に行きたくなるような工夫をするんですね。ですから雨の日に美容室に行けばそのようなサービスやキャンペーンで安く施術を受ける事が出来たり、何かプレゼントがもらえたりするものです。どのお店もやっているとは限りませんが、調べてみると結構こういうサービスを取り入れている所は多いです。雨の日というのはお客さんの足が美容室には向きにくい日でもありますが、逆に雨の日にお客さんに来られるのは美容室としてはひと手間かかる部分も有ります。たとえば傘の管理などです。足元が悪いので自然と床が汚くなってしまう事も有り、いつもよりも頻繁に掃除をしなくてはいけない、という事も有ります。それでも一人でも多くのお客さんに来ていただいて、売り上げを伸ばす事は美容室の経営には必要な事です。そのためには雨の日に来店を促す事はとても重要ですね。美容室に行くときには多くの人がまず予約を入れると思います。自分の都合の良い時になりたいスタイルや希望の施術を伝え、担当美容師を指名したい場合には希望の美容師名を言って、美容室の空き時間とマッチすれば予約となります。この時に予約を入れる私達はあまり意識はしませんが、美容室にとっては空き時間・施術内容・担当美容師をうまく組み合わせなくてはいけないわけで、その判断と言うのは結構難しいものではないでしょうか。たとえばその日に問い合わせのあった予約の希望担当美容師がすべて同じ美容師だった場合、その美容師一人が忙しくて、後の美容師はずっと誰の施術も出来ない、というようなことが起こってしまうかもしれませんよね。そんな状況が出来てしまっては、美容室としてはとても効率の悪い営業になってしまいます。おそらくそのような事のない様に色々な工夫をして予約を取っていると思われます。そう考えると、たいてい美容室に電話をして予約をお願いすると、数分のうちに予約の可否や変更のお願いなどの返答が来ますが、そんな数分間で判断できるって、凄いな、と思ってしまいませんか?実際に美容室に行ってみるとたいてい一人の美容師ばかりが忙しいのではなくて、みなさん同じようにお客さんの対応をしています。予約の取り方って、どの様に判断しているのか不思議です。八潮 美容院